君の未来に、僕はいない

作品番号 1446439
最終更新 2017/07/25

君の未来に、僕はいない
青春・恋愛

89ページ

総文字数/ 79,274

ランクイン履歴:

総合:32位(2019/06/14)




「君の未来に、僕はいないよ」

そう言って君は一週間後、本当に私の前から消えてしまった。

五つの未来予想を残して。







耳の聞こえない元天才ピアニストの葵は、人には言えないある能力を持っていた。
……そして私は、その能力を利用した。

葵、私は、君という人間をどこまで分かっていただろう。
あんなに一緒に過ごしたのに、ちっとも自信なんかないよ。

「未来を変えてでも、萌音を諦めなければよかった……」

決して綺麗なものだけじゃなかった。
だけど、生きていく上で大切な時間だった。

だから、もう一度、君に会いたい。



※移行いたしました。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

感動しました。葵くんも萌音ちゃんもやさしくて懸命。異能をもつ二人だからなのか、独特の不思議な雰囲気漂う惹かれてやまない魅力の物語でした。それぞれのキャラが際立ち、ヒール役はとことんヒール(虐待ピアノ講師)で、妙に不自然な許しなぞなく、むべなるかなの顛末もスッキリします。
春田モカさんの作品はベリカで読んだことあり、キレイな作風と思えども、ベリカでえりがちなヒーローが汚過去をもっていてヒロインに出会って変わる?のパターンが実は苦手で少しばかり敬遠してましたが、(本能レベルで愛してる)を読んで、おや?と思い、すぐに電子書籍がほしくなり、しかし紙の本しかありませんでした( ; ; ) この作品も是非ほしいのですが、電子書籍化のご予定はありませんか? これはスターツ出版さんに問い合わせるべきですよね(^_^;)
ここの他の作品も読みます。本当にさまざまなジャンルを書き分けられる作家さんなのだと、感心いたしました。これからも期待しております。

2022/08/05 00:49

失礼しました。
×えりがち
○ありがち

2022/08/05 00:51

この作品のひとこと感想

すべての感想数:59

この作品をシェア

pagetop