いつか、振り向かせてみせます。

作品番号 1047828
最終更新 2014/07/23

いつか、振り向かせてみせます。
その他

62ページ

総文字数/34,015





「ずっと、先輩のことが好きでしたっ!
つつ、付き合ってくださいっ!」



「ごめん、無理」



私の初恋は、ものの3秒で儚く終わりました。


大好きな先輩に思い切って告白したけど、
彼にはすでに好きな人がいて。


でも、私のことをもっとよく知ってもらえば、
もしかしたら、
もしかしたら!
私に振り向いてくれるかもしれない!


そう思った私は、
フラれた次の日にこう宣言したんです。



「いつか、振り向かせてみせますので、
覚悟しててくださいね!」



失恋?片想い?
そんなの知ったことじゃない。



だって、先輩のことが大好きなんだもん!



この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop