2016年12月発売のスターツ出版文庫

きみの優しさが、弱い私を変えてくれた―。
笑って。僕の大好きなひと。
笑って。僕の大好きなひと。
発売日:
2016/12/28
定 価:
616円(税込)
十和 /著
イラストレーター:pomodorosa
あらすじ
冬休み、幼なじみに失恋し居場所を失った環は、親に嘘をつき、ある田舎町へ逃避行する。雪深い森の中で道に迷ったところを不思議な少年・ノアに助けられる。なぜか彼と昔会ったことがあるような懐かしい感覚に襲われる環。一緒に過ごす時間の中で、ノアの優しさに触れて笑顔を取り戻していく。しかし、彼にはある重大な秘密があった…。それは彼との永遠の別れを意味していた―。第1回スターツ出版文庫大賞にて大賞受賞。号泣、ラスト愛に包まれる。
著者コメント
皆様、こんにちは。十和と申します。約5年ぶりに書いた長編が、憧れのスタ文で書籍になりました。いつも応援してくださる方々には感謝でいっぱいです。逃げてばかりだった主人公タマが、自分の心と向き合い、幸せを見つける7日間の物語。冬の寒い日に、胸がふっと温かくなるような一瞬を感じていただけたらうれしいです。
一生分、泣ける物語No.1
春となりを待つきみへ
[原題]ガーネット
春となりを待つきみへ
発売日:
2016/12/28
定 価:
660円(税込)
イラストレーター:カスヤ ナガト
あらすじ
瑚春は、幼い頃からいつも一緒で大切な存在だった双子の弟・春霞を、5年前に事故で亡くして以来、その死から立ち直れず、苦しい日々を過ごしていた。そんな瑚春の前に、ある日、冬眞という謎の男が現れ、そのまま瑚春の部屋に住み着いてしまう。得体の知れない存在ながら、柔らかな雰囲気を放ち、不思議と気持ちを和ませてくれる冬眞に、瑚春は次第に心を許していく。しかし、やがて冬眞こそが瑚春と春霞とを繋ぐ“宿命の存在”だと知ることに――。
著者コメント
こんにちは、沖田円と申します。『ガーネット』が『春となりを待つきみへ』と名前を変え、スタ文に仲間入りすることになりました。創刊1周年の記念すべきときにスタ文3作目です。ありがとうございます。瑚春と冬眞、そして春霞の絆の話を書きました。楽しんで頂ければ幸せです。
はるきみ早くも2刷決定!重版御礼!
拡散RTで『はるきみ』オリジナルミラーをプレゼント!
応募方法 ・『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』の公式アカウントをフォロー
・対象ツイート(キャンペーン期間中の固定ツイート)をRTしてください。
応募期間 ・2017年1月16日(月)~1月29日(日)まで
賞品 『春となりを待つきみへ』オリジナルミラー(20名様)
当選発表 ・当選については、厳正なる抽選の上、決定させていただきます。
・当選者様には、公式アカウントよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡差し上げます。
注意事項 ・当選発表は、当選者様へのご連絡をもってかえさせていただきます。
・当選通知後2日間連絡がない場合、当選を無効とさせていただきます。
pagetop