月と松風

作品番号 1712329
最終更新 2023/12/03

月と松風
歴史・時代

5ページ

総文字数/ 3,444

上田秋成『雨月物語』の「青頭巾」より。
古典なのでBLタグには抵抗がなくもないですが、「少年愛」等よりわかりやすいので使用させていただきます。
あらすじ
旅の僧侶、快庵はとある里で鬼と間違われる。話を聞くと、この里には夜になると僧侶の鬼が出るということで……。
愛しすぎたがゆえに鬼になってしまった、とある僧侶の物語。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop