名門の魔法学校を首席で卒業した私、「女のくせに生意気だ」という理由で婚約破棄される〜代わりにもらってくれたのは、入学からずっと首席争いをしていた次席のライバル王子でした〜

異世界ファンタジー

万野みずき/著
名門の魔法学校を首席で卒業した私、「女のくせに生意気だ」という理由で婚約破棄される〜代わりにもらってくれたのは、入学からずっと首席争いをしていた次席のライバル王子でした〜
作品番号
1699482
最終更新
2023/06/08
総文字数
10,793
ページ数
1ページ
ステータス
未完結
いいね数
361
ランクイン履歴

総合1位(2023/08/17)

異世界ファンタジー1位(2023/06/21)

ファンタジー1位(2023/06/21)

恋愛ファンタジー1位(2023/06/21)

ランクイン履歴

総合1位(2023/08/17)

異世界ファンタジー1位(2023/06/21)

ファンタジー1位(2023/06/21)

恋愛ファンタジー1位(2023/06/21)

名門の魔法学校に通う伯爵令嬢のローズマリー。
魔法が大好きな彼女は、魔法学校にて誰よりも努力と研鑽を重ねて、入学以来首席の座を独占し続けている。
順位などにまったく興味がなかった彼女は周りの目も気にせずに魔法に没頭し続けて、やがて首席のまま卒業を果たすと、卒業パーティーの当日に婚約者から婚約破棄を告げられてしまった。

「男を立てられん妻など不要だ」

男尊女卑で男を立てる時代、能力のありすぎる女性は嫌悪されて結婚でも不利とされている。
名門の魔法学校を首席で卒業したローズマリーは女のくせに生意気という理由で婚約破棄され、多くの男子生徒たちからも嫉妬を買ってしまい、卒業パーティーの場で非難の的となってしまった。
そんな中、一人の生徒が声を上げる。

「じゃあ、代わりに僕がもらおうかな」

それは、入学からずっとローズマリーの背中を追い続けてきた次席の第二王子だった。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:353

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop