犬神さまの子を産むには~犬神さまの子を産むことになった私。犬神さまは甘々もふもふの寂しがり屋でした~

作品番号 1683986
最終更新 2022/12/15

犬神さまの子を産むには~犬神さまの子を産むことになった私。犬神さまは甘々もふもふの寂しがり屋でした~
あやかし・和風ファンタジー

9ページ

総文字数/ 19,578

ランクイン履歴:

総合:18位(2022/12/15)

あやかし・和風ファンタジー:8位(2022/12/15)

長年付き合っていた彼氏に振られて人生どん底の華蓮。土砂降りの中、びしょ濡れの華蓮に傘を差し出してくれたのは犬神の春雷だった。
あやかしの中でも嫌われ者として爪弾きにされている犬神。その中でも春雷はとある罪を犯したことで、他の犬神たちからも恐れられていた。
華蓮を屋敷に連れ帰った春雷は、風邪を引かないように暖を取らせるが、その時に身体が交じり合ったことで、華蓮は身籠もってしまう。
犬神の春雷を恐れ、早く子供を産んで元の世界に帰りたいと願う華蓮だったが、春雷の不器用な優しさに触れたことで、次第に惹かれるようになる。
しかし犬神と結ばれた人間は「犬神憑き」となり、不幸せになると言われているため、子供が産まれた後、春雷は華蓮の記憶を消して、元の世界に帰そうとする。
華蓮と春雷、それぞれが選んだ結末とは――。
あらすじ
人生どん底な人間×訳あって周囲と距離を置く犬神

この出会いは、2人にどんな変化をもたらすのか――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:22

この作品をシェア

pagetop