ヤンデレ鍛冶師の幼馴染に「今の私の最高傑作」と手渡された魔剣がチートすぎた件〜【自動無限レベルアップ】【スキル吸収】などチートスキルを兼ね備えた最強の魔剣で学園無双【プロット】

作品番号 1682055
最終更新 2022/10/31

ヤンデレ鍛冶師の幼馴染に「今の私の最高傑作」と手渡された魔剣がチートすぎた件〜【自動無限レベルアップ】【スキル吸収】などチートスキルを兼ね備えた最強の魔剣で学園無双【プロット】
異世界ファンタジー

4ページ

総文字数/ 1,894

ランクイン履歴:

異世界ファンタジー:49位(2022/11/23)

15歳の誕生日を迎えたサノアは両親に魔法学園への入学を勧められ、試験を受けてみることにする。
唯一の友達であり幼馴染のミィナにその事を伝えるとその場で大泣きされ、しまいに「勝手に行けばいいじゃん! もうサノアなんて知らない」と言われ走り去られてしまう。
お互い小さい頃からずっと一緒で離れることなく日々を送っていたため、サノアが思っていた以上にミィナはサノアの事が好きだったのだ。

鈍感だったサノアは今までのミィナのアプローチなどに全く気づかなかった。少しずつ少しずつ溢れていくサノアへの気持ちが抑えきれなくなった結果ミィナはヤンデレになっていた。
サノアに話しかけていた年代の近い女全員に近づくなと念を押し、自分だけを見てもらおうとした。(そのためサノアにはミィナ以外の友達が居なかったのだが本人は嫌われてるのだろうと思い込んでしまっていた)

そんなミィナはサノアが魔法学園に行って離れ離れになってしまうのを信じたくなかったが、姉の何気ない一言で全てが変わった。

「あんたは鍛冶師でしょ? だったらサノア君の為に剣を作ったらいいんじゃない? 気持ちを込めて精一杯作ればあんたの剣が……いや、あんた自信がサノア君を護れて、学園でもトップになれるかもしれない。それは二人の愛の力じゃん! 」

それからサノアが魔法学園へと旅立つまでの一週間、ミィナは剣を打ち続け「最高傑作」の剣を作り上げた。

サノアに対する想いを詰め込みすぎた結果ーー剣は魔剣となり【自動無限レベルアップ】、【スキル吸収】など大量のチートスキルが付与された、宮廷鍛冶師顔負けのチート魔剣が生まれた。

そんなヤンデレ鍛冶師の魔剣と共にサノアは魔法学園を(魔剣の力に)びっくりしながらも無双していくーーー!

入学試験から全力ブッパし周囲を驚かせるも、ド田舎出身の平民だからと最下位クラスになってしまうが、上級生を瞬殺したり、クラス対抗戦で瞬殺してしまったり、学園対抗戦でもやっぱり瞬殺してしまったり……と楽しく駆け上がっていく。

文化祭や修学旅行などの行事で、仲間との絆も深め合う。
そしてハーレムが(本人の知らない間に)築き上げられ、皆で休みを利用して故郷に戻った際にミィナと再開しーーー


魔剣の力で【強制テイム】し【擬人化】した神獣(美少女)達のお悩み解決をしたり、冒険者としても名を広めたサノアの邪神との最終決戦。
あらすじ
幼馴染が作ってくれた魔剣が宮廷鍛冶師顔負けのチート装備だった!?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop