言祝ぎの子ー国立神役修詞高等学校ー

作品番号 1676354
最終更新 2022/08/25

言祝ぎの子ー国立神役修詞高等学校ー
あやかし・和風ファンタジー

38ページ

総文字数/ 15,497

両親を亡くし、たった一人の兄と二人暮らしをしている椎名巫寿(15)は、高校受験の日、兄・祝寿が何者かに襲われて意識不明の重体になったことを知らされる。

病院へ駆け付けた帰り道、巫寿も背後から迫り来る何かに気がつく。

二人を狙ったのは、妖と呼ばれる異形であった。


「私の娘に、近付くな。」


妖に襲われた巫寿を助けたのは、後見人を名乗る男。


「もし巫寿が本当に、自分の身に何が起きたのか知りたいと思うのなら、神役修詞高等学校へ行くべきだ。巫寿の兄さんや父さん母さんが学んだ場所だ」


神役修詞高等学校、そこは神役────神社に仕える神職を育てる学校だった。



「ここはね、ちょっと不思議な力がある子供たちを、神主と巫女に育てるちょっと不思議な学校だよ。あはは、面白いよね〜」


そこで出会う新しい仲間たち。

そして巫寿は自分の運命について知ることとなる────。



学園和風ファンタジーいざ開幕!

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop