京都鴨川まねき亭~化け猫さまの愛され仮嫁~

作品番号 1673022
最終更新 2022/08/13

京都鴨川まねき亭~化け猫さまの愛され仮嫁~
あやかし・和風ファンタジー

22ページ

総文字数/ 30,368

はじまりは、京都鴨川にかかる『賀茂大橋』
再就職先に行くはずが迷子になり、途方に暮れていた。

ひょんなことからたどり着いたのは、アンティークショップのような古道具屋のような不思議なお店

『まねき亭』

見たことがないほどの端正な容姿を持つ店主に「嫁になれ」と迫られ、即座に断ったが時すでに遅し。

このときすでに、璃世は不思議なあやかしの世界に足を踏み入れていたのだった。


・*:.。 。.:*・゚✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚

『観念して俺の嫁になればいい』
『断固としてお断りいたします!』


 平凡女子 VS 化け猫美男子

 勝つのはどっち?

・*:.。 。.:*・゚✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚



※この物語はフィクションです。登場する人物・団体・名称等は架空であり、実在のものとは関係ありません。
※無断転載禁止

20220801 完結公開
あらすじ
勤めていた会社が倒産した三矢田璃世(みやたりせ)は、再就職先の京都へ来ていた。しかし慣れない土地で迷子になり、このままでは面接に間に合いそうにない。鴨川にかかる橋の上で途方に暮れていたら、子ネコがカラスに襲われているところを発見。なんとかその子ネコを助けた。すると子ネコはまるで道案内のようにして璃世をとある場所に連れて行く。そこで出会った容姿端麗な和服男性から、いきなり「嫁になれ」と迫られて――。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop