夏休みだけの友達には珍しいお菓子を手土産に

作品番号 1645053
最終更新 2021/08/06

夏休みだけの友達には珍しいお菓子を手土産に
ヒューマンドラマ

3ページ

総文字数/ 3,262

小学生の頃に過ごした、夏休み。祖母の駄菓子屋で店番をするわたしの話相手はキョウカちゃんだけだった。
ジュブナイルショートストーリーです。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop