またね、お姫様

作品番号 1635325
最終更新 2021/04/17

またね、お姫様
歴史・時代

19ページ

総文字数/ 25,422


『またね、お姫様』


~戦争と差別に奪われた、淡い恋~



―舞台は、第二次世界大戦前後のポーランド―

ポーランド人少女とユダヤ人少年の、淡く切ない恋と思い出の物語。




ナチス・ドイツによるホロコーストという歴史を元にした物語ですが…

ぜひ、読んでいただけたら嬉しいです(*^_^*)



※野いちご、ベリーズカフェなどでも投稿している作品です
あらすじ
―第二次世界大戦直後のポーランド―

時は、それより約六年前にさかのぼる。

十歳のポーランド人少女アネタは、感情的で周囲に問題児扱いされている不器用な女の子。
そんな彼女の唯一の友達は、幼なじみの少年レメックだった。
二人は幼い頃からずっと一緒で、これからもお互いそばにいられるはずだった―そう、戦争が始まるまでは。

大好きな彼の帰りを待ちながら、彼女は思い出す…―。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop