三国時代から図書館へ跳んできた人

作品番号 1633943
最終更新 2021/03/31

三国時代から図書館へ跳んできた人
髙橋/著
SF・冒険

1ページ

総文字数/ 9,536

私の勤め先に現れたのは三国志の龐統だった!?
あらすじ
司書としての仕事は小さいころからの憧れだったものの、現実は厳しく日々悶々と過ごしている私。
そんなある日、館長が自分は三国時代の龐統だと名乗り出した。
私は困惑しつつも、龐統が元の時代に帰れるように調べるのを手伝う。
しかし、龐統には別の悩みがあって・・・

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop