あの日の桜の下で君と

作品番号 1625818
最終更新 2021/01/07

あの日の桜の下で君と
恋愛・青春

3ページ

総文字数/ 2,048

もしも,あの日,あの場所で君にもう一度会えるのならば,伝えたい思いがある。
あのときには伝えられなかった思い。
かなうならば…
あの日の桜の下で,君に会えますように。
あらすじ
20XX年に,「君」は死んで,「私」はひとりぼっちになってしまった。
君は何も伝えてくれなかった。私も…何も伝えなかった。

20XX年に,「僕」は死んだ。
彼女との約束をかなえられずに。伝えたい思いを抱えたまま。
…そんな僕の前に,白狐が現れた。彼女を救うための契約を交わした。

2人の運命の歯車が廻り廻って,いつかあの場所でまた出会えるように…。



この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop