幼なじみのイケメン三兄弟が私を溺愛中です

作品番号 1617568
最終更新 2021/02/16

幼なじみのイケメン三兄弟が私を溺愛中です
/著
恋愛・青春

14ページ

総文字数/ 3,181

ランクイン履歴:総合92位 (2020/12/13)

 私の幼なじみの三兄弟は……。


 突然。

 長男・桧生(ひお)くん・・・「もう妹のようには見れない」

 次男・南風(なお)・・・「俺はお前のことを幼なじみだなんて思ってねぇ。
お前は俺にとって初めから一人の女なんだよ」

 三男・雅陽(あお)・・・「もう俺のこと、弟のように見ないで。
一人の男として見て」

 なんて言うから。


 私の頭の中は大混乱。


 それと同時に。

 私の胸の鼓動はとても忙しくなっている。


 ……止まらない。

 ドキドキが。

 ドキドキが止まらない。





♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡

月島彩音 Tsukishima Ayane

一人っ子
高校二年生
恋愛にとても鈍感





*晴海三兄弟*


晴海桧生 Harumi Hio

晴海家長男
大学一年生
優しくて温和な性格



晴海南風 Harumi Nao

晴海家次男
高校二年生
クール。言い方を変えたら、ぶっきらぼう


晴海雅陽 Harumi Ao

晴海家三男
中学二年生
無邪気で人懐っこい

♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡-♡





 また別の日には。

 桧生くん・・・「彩音のことを誰にも渡したくない」

 南風・・・「……キス……してみるか」

 雅陽・・・「俺のことだけを見てほしい」

 なんてことを言ってきた。


 そんなことを言われた私の胸の鼓動は高鳴る一方。


 ……ドキッ……。

 ドキドキ……。


 …………。


 ……どうして。

 どうしてこんなにもドキドキするの……?


 どうして。

 どうしてこんなにもドキドキさせるの……?


 なんか三人とも変だよ。


 なんで。

 なんで、そんなにも私のことを困らせるの?


 私は……。

 私は一体どうすれいいの……?







 イケメン三兄弟に告白をされた恋愛鈍感女子。

 三兄弟の中で彩音が恋をするのは誰?♡







あらすじ
 月島彩音は恋愛にとても鈍感な高校二年生。


 そんな彩音は隣に住む幼なじみの晴海三兄弟のことを本当の兄弟のように慕っている。

 そんなある日、彩音は晴海三兄弟から……。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

pagetop