ミズイロと炭酸水と薄荷味

作品番号 1613693
最終更新 2020/09/02

ミズイロと炭酸水と薄荷味
恋愛・青春

15ページ

総文字数/ 52,323

ランクイン履歴:総合34位 (2020/08/31)

『さぁ、最高の〝ドラマ〟を奏でよう!』

高3、最後の文化祭。目前に控えたこの頃、軽音部では未だに新曲ができていない。
部長の麟は恋愛ソングを作りたいけど、恋愛経験ゼロ。
そんな彼が提案したのは、唯一の女子部員である郁音に

「お前、オレの彼女をやれ!」

むちゃくちゃな要求をされ、郁音はやる気が起きない。
とくに今は。
なぜなら、ちょうどその日、人生初の失恋を味わっていたからだった。(TRUCK1:ドラマ)

〈登場人物〉
伊佐木麟(いさき りん)
「BreeZe」のギター兼ボーカル担当。
お調子者だが、傷つきやすい。神経質なタイプ。青春ソングを書くのが得意。

若部雫(わかべ しずく)
「BreeZe」のドラム担当。
無口でクールなメガネ男子。のんびりマイペースな性格。

美作郁音(みまさか いくね)
「BreeZe」のベース担当。
バンド唯一の女子。サバサバしているが、負けず嫌いな性格。恋愛ソングを書く。
あらすじ
文化祭でバンドを組んだ「BreeZe」はその後も下積みを重ね、3ピースロックバンドとして活躍している。
これはそんな彼らの楽曲を応援歌に、そろぞれが〝ドラマ〟を奏でる少年少女の淡い青春群像劇である。

※本作は「フロム,ティーンエイジャー」のスピンオフ短編集ですが、本作だけでも楽しめる内容になっています。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop