祓い屋門澤は助手などいらない

作品番号 1601570
最終更新 2020/05/14

祓い屋門澤は助手などいらない
ファンタジー

32ページ

総文字数/ 16,511

ランクイン履歴:総合20位 (2020/05/17)

“狐魄山(こはくざん)には若い男を狙って魂を吸い取る妖がいる”

噂を聞きつけ、自らを実験台にスクープを狙うことに決めた相川 千秋(あいかわ ちあき)。
山奥の宿にひそんでいたのは、天性の“カモ体質”な相川にとって、なんとも分が悪い妖だった。


色仕掛けに弱いヘタレ青年と傍若無人な二枚目祓い屋がおくる、世にも不思議な怪奇譚


*あやかし短編小説です。
 お楽しみ頂ければ幸いです。
あらすじ
怪奇現象専門のルポライターである相川(あいかわ)は、妖の噂がある宿を訪れた。
しかし、正体を掴むどころか妖術に惑わされ、魂を抜かれかけてしまう。

すんでのところで祓い屋の門澤(かどさわ)に助けられるものの、最後まで面倒を見る気のない門澤に夜道へ放り出されてしまい…?


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop