夕桜

作品番号 1601265
最終更新 2020/05/07

夕桜
ファンタジー

17ページ

総文字数/ 5,676

夕方の桜の木の下は私と君との秘密の時間。
あらすじ
春休みに田舎のおじいちゃんの家に遊びに来た陽菜は飼い猫のシロに違和感をおぼえる。
そんな中、坂の上にある小さな神社に立ち寄ることになる。
坂には角度があり、階段を使って登るが疲れてししまった陽菜。
「大丈夫?」疲れきった陽菜の前に現れたのは、猫の耳を付けた男の人だった。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop