男子だけのラブコメ部と見知らぬ少女

作品番号 1598762
最終更新 2020/04/19

男子だけのラブコメ部と見知らぬ少女
空瓜/著
恋愛・青春

9ページ

総文字数/ 19,009

未設定
あらすじ
僕・理央とトールと博士の三人は漫画部。
 でもそれは名ばかりで、本当はラブコメでありがちなシーンの練習をするラブコメ部。
 そんなある日、ラブコメの練習をし終えて部室に戻ると、見知らぬ女子・イッチンがいた。
 いろいろあって倒れそうになった本棚を三人でイッチンをかばったことにより、イッチンから気に入られ、一緒にラブコメの練習をすることに。
 しかし僕はずっと何か、学校の噂が脳裏をよぎっていた。
 そんな中、おんぶしたり、ロッカーの中に二人で入ったり、と、いろんなラブコメをし、最後にイッチンが、
「階段で倒れて、もみくちゃになるヤツをやろう」
 と言った時、僕は思い出した。
 それは階段で転倒し、死んでしまった女子生徒がいるという噂を。
 その噂を僕が言うとイッチンは突然走り出し、校長室の中に入った。
 僕たちが校長室に入ると、校長先生がいるだけで、そこにイッチンはいなかった。
 次の日やって来た転校生が、イッチンで、校長室の時はイッチンの親戚のおじさんである校長先生にかばってもらっただけだったのだ。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop