死人は口ほどにモノを言う

作品番号 1588677
最終更新 2020/01/30

死人は口ほどにモノを言う
ミステリー

9ページ

総文字数/ 32,201

ランクイン履歴:総合37位 (2020/02/07)

「死体って結構おしゃべりなのよねー」
彼女は自信満々にそう口を開いた。
あらすじ
作家志望の僕、南港梨緒(なんこうりお)と死体役専門役者の司馬有加(しばゆか)は、名前から”アリナシ”コンビと呼ばれていた。
ある日、同じ学部に所属する先輩からお茶会に誘われ、当日行ってみると、そこには変わり果てた彼女の姿が……。

『ミステリー読書禁止令』を出されている僕と、『死人の役』しか出来ない彼女の不可思議な事件簿。

――僕らには、人には言えない、ヒミツがある。

この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop