猫と森の家へ

作品番号 1572679
最終更新 2020/01/06

猫と森の家へ
ファンタジー

9ページ

総文字数/3,492

ある日の午後、私は屋上にいた。




靴を脱ぎ、段差に登る。




下を見ると、いろんな人が街中を歩いていた。




どこかの会社のサラリーマンの人。




楽しそうに話している高校生くらいの4人グループ。




濃い化粧をしている中年のおばさん。




屋上から見える人達は、まるで米粒みたい。




今から私は、飛び降り自殺をする。




私の職場は、いわゆるブラック企業というやつで




入社して2年目に入る。




まぁ、1年間もよく頑張ったと思う。




気づいたら、私は地面の上にいた。




私の周りには、多くの人が取り囲んでいた。




騒然とする声が聞こえる。




でも、その声もだんだんと遠くなっていく気がする。




(私は、天国に行けるのかな・・・・・・?)




そして私は深い眠りについた。
あらすじ
ブラック企業で働いていた片山 美南は、ある日飛び降り自殺をし、意識不明の重体となってしまう。

目を開けると、そこは死後の世界。

森を歩いていると白猫が現れ、とある家にたどり着く。

住人の小日向 洋と1匹の白猫・ナナに出会い、自分が臨時体験をしていることを知る。

『天国に行くか、生き返って現実世界に戻るか』

洋は1週間過ごして決めてもらうことを提案し、美南は洋と生活をすることになる。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop