70年分の夏を君に捧ぐ

作品番号 1566321
最終更新 2019/07/16

70年分の夏を君に捧ぐ
恋愛・青春

29ページ

総文字数/21,236

それは、70年もの時を越えた出逢い。
奇跡が運ぶ、狂おしいほどの愛――。
あらすじ
2015年、夏。東京に住む高2の百合香は、真夜中に不思議な体験をする。
0時ちょうどに見ず知らずの少女と謎の空間ですれ違ったのだ。
そして、目覚めるとそこは1945年。百合香の心は、なぜか終戦直前の広島に住む少女・千寿の身体に入り込んでいた。
一方、千寿の魂も現代日本に飛ばされ、70年後の世界に戸惑うばかり…。
以来毎晩入れ替わるふたりに、やがて、運命の「あの日」が訪れるーー。

この作品の感想ノート

こちらも家にあって、また読み返しました。
今度は「戦争」と、「生き抜く」がテーマと言う事で、少し読んでいて、つらかったり、難しい所もありましたが、とても感動しました。
最後の2人の決断にぐっとくる物がありました。
「天国までの49日間」も、こちらの作品も、難しいテーマで、ここまで素敵に書いていて、すごいと思います。
心温まるお話だなぁと思いました。

漆葉響さん
2019/07/18 19:46

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop