隣人はクールな同期でした。

作品番号 1563447
最終更新 2020/05/06

隣人はクールな同期でした。
氷萌/著
恋愛・青春

250ページ

総文字数/ 119,435

ランクイン履歴:総合10位 (2019/08/19)

マンションの隣に住んでいたのは
一緒に入社した同い年、同期の男でした―――


大手出版社 広報部所属
●七星 セツナ●-Setuna Nanase-(29歳)
特に癖も特徴もないノーマルタイプだが
30歳手前にして彼氏なし。
恋愛に疎く結婚について悩み奮闘している。
人間関係トラブルに関わりたくないため
目立つ事を拒み
ひっそり仕事をしている。



大手出版社 編集部所属
●煌月 ジン●-Jin Kouduki-(29歳)
持って生まれた才能なのか
若いのに副編集長にまで上り詰めたハイスペック男。
彼女はいらない・作らない。
目つきと性格が悪いからなのか
女性社員から密かに怖がられている。


”彼女みたいなポジションの幼馴染”や
”元カレ”に振り回されながら
社会人の等身大の恋愛を描く
最後の恋。



この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop