紡がれた意思、閉ざされた思い

作品番号 1554858
最終更新 2019/04/19

紡がれた意思、閉ざされた思い
ヒューマンドラマ

15ページ

総文字数/97,012


 尊敬する上司と頼れる仲間。何もできない私。でも、私はここで生きていきます。

 火消し部隊。
 システム屋の中に有っても異色な部隊。

 専門職が強いIT業界にあって、その専門家の中ならエキスパートと呼ばれる者たちが集まった。本来存在してはならない部隊。

 日々の仕事は炎上している現場の鎮火。

 今回の現場は病院施設が併設された介護老人ホーム。
 行政の監査も入る事が考えられる。少しの行き違いで、簡単に大火になってしまう。

 そして、火消し部隊は今までに経験したことがない鎮火作業に挑むことになる。

注)IT業界の話です。
 専門的な言葉がありますが、なるべくわかりやすく書いていきます。
 異世界転生物の序章で書いた物を構成しなおした物です。異世界転生はしません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop