僕は明日、きみの心を叫ぶ。

作品番号 1425436
最終更新 2018/08/31

僕は明日、きみの心を叫ぶ。
[原題]鈴川くんが退学する
その他

149ページ

総文字数/ 91,623



とある高校の、なんの変哲もない、
ありふれた月曜日の全校集会。


そこに、「彼」の姿はない。



《あ、あー・・・聞こえますか?》




これは彼の37分間の決別奮闘記である。




[原題]鈴川くんが退学する




レビュー心から感謝
海夏♥さま
野々原 苺さま
すもも‎さま
れおなおかいさま
雨乃めこさま
國灯闇一さま
Dark redさま


◎書籍とは大きく異なります◎





この作品は常世 かくりさんをフォローすると読むことが出来ます。

目次

    きせつはかくれたまま
    はるはまだ
    なつがくる
    あきのおわり
    ふゆのなか
    はるがきた
    おわりに

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:安倉茅琉さん
ネタバレ
いじめは人生の傷跡
レビューを見る

2019/08/30 10:34
★★★★★
投稿者:夜桜冬希さん
無題
続きを見る

鈴川くんの一言一言が胸にストンと落ちてきて、自分が咎められているような臨場感を感じました。全て腑に落ちる言葉で、とても胸に響きました。いじめの被害者・加害者・傍観者の方だけでなく、全ての老若男女に読んでほしい作品です。きっと、衝撃を与えられる何かがあると思います。灰芭 まれ様、心に響く素敵な作品をありがとうございました。

2018/08/15 16:25
★★★★★
投稿者:雨乃めこさん
ネタバレ
万能薬はないけれど
レビューを見る

2018/05/25 17:37

この作品の感想ノート

私の通う学校では、いじめはない、と思っています。皆、お互いの趣味を尊重している大好きな学校です。喧嘩はすれど、平和、ではあるのだと思います。
でも、もしかしたらクラスで、同学年で、先輩後輩さんの学年で…と考えると、学校が怖くなります。同じ学校ではなくても、友達の通う学校だとか、全く知らない学校では、実際にいじめがあるようなのです。
同情をするならまだしも、関係ないや、と思ってしまいます。
このお話を読んで、部活に対する思いを改めねば、と思いました。いつかいい思い出になるだとか、そんなことは置いといて、全力でぶつかってみます。

これからも何か揺らいでしまった時にこのお話を読みます。本当に素敵なお話をありがとうございます。

2021/05/26 23:10

灰芭 まれさんありがとう。正しく生きてみようと思えました。

2021/03/18 12:19

中学時代3年間のいじめられた記憶を思い出し、主人公の気持ちになりながら読んでいました。
当時親友だと思っていた子から裏切られ、原因があるのか聞いてもただたに【家でイライラしたから】とストレス発散の元になっていました
シャーペンを壊されるのは当たり前、机の落書き、暴言。
今でもあの日々の事が夢の中で出てきます。
あの日から自分の思いを伝えるのが怖くなり、初対面の人が怖くなったり、今でもあります。
これはこの先ずっと変わらずあり続けるものだと思っています。
今でも中学時代の人たちのことはすれ違うと怖いです。
早く心から笑える日を今も探し続けています
このお話を書いてくださりありがとうございます

2020/02/22 12:31

この作品のひとこと感想

すべての感想数:87

書籍化作品

この作品をシェア

pagetop