【試し読み】最後の夏は、きみが消えた世界

青春・恋愛

九条 蓮/著
【試し読み】最後の夏は、きみが消えた世界
書籍化作品
作品番号
1726300
最終更新
2024/06/11
原題
最後の夏は、きみが消えた世界
総文字数
9,023
ページ数
6ページ
ステータス
未完結
いいね数
34
ランクイン履歴

総合4位(2024/06/22)

青春・恋愛3位(2024/06/22)

ランクイン履歴

総合4位(2024/06/22)

青春・恋愛3位(2024/06/22)

全てをかけて会いにいく。
世界から君が消える前に――。


【あらすじ】
平凡な日々に退屈し、毎日を無気力に過ごしていた高校生の壮琉。
ある放課後、車にひかれそうな制服の美少女を救ったところ、初対面のはずの彼女・弥凪は「本当に、会えた……」と呟き、突然涙する。
が、その言葉の意味は誤魔化されてしまった。お礼がしたいと言う弥凪に押し切られ、壮琉は彼女と時間を過ごすように。
自分と違って、もう一度人生をやり直すかのように毎日を全力で生きる弥凪に、壮琉は心惹かれていく。
しかし、彼女にはある秘密があった…。
タイトルの意味、ラストの奇跡に二度泣く!世界を変える究極の純愛。
あらすじ
※2024年6月28日(金)スターツ出版文庫より発売する『最後の夏は、きみが消えた世界』の試し読みページです。

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:28

この作品の書籍情報

九条 蓮さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop