【短編】私を選ばなかったくせに~推しの悪役令嬢になってしまったので、本物以上に悪役らしい振る舞いをして婚約破棄してやりますわ、ザマア~

異世界ファンタジー

あさぎかな/著
【短編】私を選ばなかったくせに~推しの悪役令嬢になってしまったので、本物以上に悪役らしい振る舞いをして婚約破棄してやりますわ、ザマア~
作品番号
1719594
最終更新
2024/03/07
総文字数
16,855
ページ数
1ページ
ステータス
完結
いいね数
19
ランクイン履歴

総合5位(2024/03/15)

異世界ファンタジー2位(2024/03/13)

ファンタジー2位(2024/03/13)

恋愛ファンタジー2位(2024/03/13)

ランクイン履歴

総合5位(2024/03/15)

異世界ファンタジー2位(2024/03/13)

ファンタジー2位(2024/03/13)

恋愛ファンタジー2位(2024/03/13)

乙女ゲーム《時の思い出(クロノス・メモリー)》の世界、しかも推しである悪役令嬢ルーシャに転生してしまったクレハ。
「貴方は一度だって私の話に耳を傾けたことがなかった。誤魔化して、逃げて、時より甘い言葉や、贈り物を贈れば満足だと思っていたのでしょう。――どんな時だって、私を選ばなかったくせに」と言って化物になる悪役令嬢ルーシャの未来を変えるため、いちルーシャファンとして、婚約者であり全ての元凶とである第五王子ベルンハルト(放蕩者)に婚約破棄を求めるのだが――?
あらすじ
悪役令嬢死亡フラグ回避のため、婚約破棄を自分から言い出すことにした──が。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:19

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop