「悪夢」という言葉の意味を知った日。

ヒューマンドラマ

染谷優璃/著
「悪夢」という言葉の意味を知った日。
作品番号
1718228
最終更新
2024/03/30
総文字数
6,229
ページ数
2ページ
ステータス
完結
いいね数
5
ランクイン履歴

ヒューマンドラマ8位(2024/03/31)

ランクイン履歴

ヒューマンドラマ8位(2024/03/31)

《少年は絶望し、牢獄の鍵をかける。》


ミュージカル・『エリザベート』の皇太子ルドルフとトート閣下(死)に触発され、創作しました。
(主に「ママ何処なの?」)

因みに章タイトルは、

ミュージカル・『黒執事〜血に燃えるリコリス〜』から拝借。

(すみません……。オタクなのです。)

くれぐれもお手柔らかにお願いします。

※カクヨムでも掲載しています。

(レビュー、いいね等、本当にありがとうございます😊😭非常に励みになります🥰)

💕レビューThanks✨

碓氷澪夜 様

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:碓氷澪夜さん
不思議な感覚
続きを見る

まずは表現力が高いな、と思いました。 どの言葉も読み飛ばせなくて、丁寧に並べられた言葉から意味を読み取っていたのですが、徐々に私も絶望の闇に引き込まれていった感覚になりました。 だからでしょうか、彼の闇が痛いほど伝わってきました。 いつの間にか共鳴しているような気分になっていました。 だから、彼自身は希望が捨てきれない自分を嘲笑っているかのようでしたが、私は、彼が僅かでも希望を抱いてくれてよかったと思いました。 読者の心情すらも操ってしまうような表現力、脱帽です。

2024/02/24 12:54

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:1

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop