こう見えて勇者なのにパーティのイケメン賢者様が怖すぎて辛すぎる。

作品番号 1704213
最終更新 2023/08/11

こう見えて勇者なのにパーティのイケメン賢者様が怖すぎて辛すぎる。
異世界ファンタジー

5ページ

総文字数/ 2,808


「今の敵、明らかに光属性だったように見受けられたのですが、なぜ同系の光魔法で攻撃されたのですか?」

「す、すみませ……っ」

「謝罪ではなく、原因と対策を話し合いましょう」

私、ルーナ・イリエ。
こう見えて異世界で【勇者】やってます。

だからそれなりにエライ、強い、愛されてるーーハズなんだけど……。

「はぁ……なぜ今になって勇者ともあろう方に、このような初歩的な指摘をさせられるのか…」

「………」

パーティメンバーの司令塔、攻撃魔法と回復魔法の使い手である【賢者】様にはとことん嫌われているようです。。。


「……ま、今の攻撃は比較的悪くはなかったのではないですか」

「ほ、本当ですかっっ!?!?」

「比較的、です。調子に乗らないでください。あなたはそもそも日頃から戦闘時の戦略と思考が浅すぎます」

「は、はい……」


強すぎるムチに耐えながら、たまーーに出るアメで気力回復をして、今日も冒険の旅に出かけます!

目指せ!!賢者討伐!!
……じゃなかった!魔王討伐!ですっ!!

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop