小料理屋ごんぎつね~思い出の料理、お出しします~

ヒューマンドラマ

梅月誠/著
小料理屋ごんぎつね~思い出の料理、お出しします~
作品番号
1697242
最終更新
2023/05/09
総文字数
8,068
ページ数
1ページ
ステータス
完結
いいね数
160
ランクイン履歴

総合13位(2023/05/14)

ヒューマンドラマ1位(2023/05/11)

ランクイン履歴

総合13位(2023/05/14)

ヒューマンドラマ1位(2023/05/11)

いつまでも自分を封じ込めていた。自分より他人の事を優先しているふりをして。ただ、自分を出すのが怖かったから。
あらすじ
高校生の秋(みのり)は、塾に通い勉強をすることを繰り返す毎日。その環境に不満を抱くことなんて、申し訳ないと感じていた。そんなある日、塾の帰りに道に小料理屋さんを見つける。そこには、「ごんぎつね」と名乗る不思議な人がいた。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

素晴らしい作品です。

2023/09/30 14:13

未来を紡ぐに続き、ほのぼのしながらも泣かせてくれるお話でした。

2023/05/08 07:05

この作品のひとこと感想

すべての感想数:38

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop