あやかし三つ子のすぅぷやさん

作品番号 1695135
最終更新 2023/09/21

あやかし三つ子のすぅぷやさん
あやかし・和風ファンタジー

4ページ

総文字数/ 23,993

ランクイン履歴:

総合:57位(2023/05/07)

あやかし・和風ファンタジー:21位(2023/05/06)

「ごめん、別れてほしい」
長くつきあった恋人から突然別れを告げられてしまった琴羽。
「私は平気。世の中にはもっと大変な人がいるんだから。泣いてる時間なんてない」
自分自身をなだめながら、多忙な仕事に向き合う日々。
「いつからだろう。何を食べても美味しいと感じなくなってしまったのは─」
いつしか琴羽は食べることへの興味も失ってしまう。
そんなある日電車を乗り過ごして降りた駅で道に迷い、救いを求めた先にあったのは小さなレストラン『すぅぷや 鎌切亭』
少し物騒な名前のお店を扉を開けると、美しい三つ子の兄弟が琴羽を優しくもてなしてくれるのだった。
謎めいた三つ子店員にそれぞれのお勧めスープを提供してもらいながら、琴羽は自らの秘めた思いと真実に向き合っていくことに……。

謎めいた三つ子兄弟が営む不思議なスープ屋と、じんわり泣ける癒やしの物語。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:8

この作品をシェア

pagetop