おとなしい僕と、似たような彼女

作品番号 1691621
最終更新 2023/02/28

おとなしい僕と、似たような彼女
金犀/著
ヒューマンドラマ

7ページ

総文字数/ 9,997

ランクイン履歴:

ヒューマンドラマ:5位(2023/08/10)

似たもの同士だね。
君も僕もおとなしいから。
あらすじ
夏休みが始まる日、通知表が渡された。
通知表の担任所見。そこに書かれた『おとなしい』という言葉に僕はずっと反感を覚えていた。

『おとなしい』ってなんですか。
僕の何を知っているんですか。

通知表を睨みつけていた僕に、隣の席の榛原月見が声をかけてきた。

「通知表燃やすんだけど、一緒に来る?」

似たもの同士が一緒に通知表を燃やすとき、『おとなしい』への反抗が始まる。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop