別世界の君の瞳に映るのは

作品番号 1686579
最終更新 2023/01/05

別世界の君の瞳に映るのは
青春・恋愛

9ページ

総文字数/ 14,305

君の瞳は病になって、それから私との距離はだんだん遠くなっていった。
ちょっと雰囲気が変わった君は空色の髪の毛に染めた。
まさか、そのあと、別な病になっているなんて私は知らなかったんだ。
私の瞳にはずっと君が映っているのに、君の瞳に私は映らない。
別世界の人間になってしまったんだと勝手に思っていた。

からっぽに支配された青い髪の君。
青い空を見たら君を必ず思い出すよ。
あらすじ
ボクシング部に入っていた幼馴染のコージが網膜剥離という病気になった。
手術後、遅刻早退の問題児となり、学校にあまりこなくなってしまった。
げっそり痩せていく姿をただ見ているしかできない私――別な病を抱えていたなんて知らなかったんだ。

髪を青く染め、軽音部でギターを始めた。まるで別世界の人間。彼の瞳に私は映らない。私の瞳にはあなたがずっといるのに。
からっぽに支配された彼をただ見守るしかできない。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop