龍神様は今日は甘やかに嫉妬する

作品番号 1683945
最終更新 2022/11/27

龍神様は今日は甘やかに嫉妬する
蛙月/著
あやかし・和風ファンタジー

24ページ

総文字数/ 10,133

ランクイン履歴:

総合:23位(2022/12/04)

あやかし・和風ファンタジー:10位(2022/12/04)

鼓水(つづみ)十七歳
 平凡な人間の娘
    ×
透冴(とうご)数千歳
 銀髪青瞳の美麗な龍神


※※

私、龍神である透冴は、人間の妻・鼓水を娶った。

私は神。

恋愛などという感情は知らない。

だが、鼓水と共に過ごす日々はとても満たされていて、甘く、くすぐったい喜びを与えてくれる。


「私は透冴様に尽くしたいと心の底から望んでいました。こうして願いが叶った今は、とても幸せなのです」


健気で愛らしい鼓水。

だが、最近、気にかかることがある。

里の様子を見せてからと言うもの、鼓水はうわの空で何か思いあぐねた様子でいる。

いったい、どうしたというのだ……。

冷静沈着な私でも、そんな鼓水のことが気になって仕方がなくて……。



恋をする感情とは不思議なものだ。

この難解な感情と、この先も向き合っていかなければならないのか。



※※※

『龍神様は今日も愛の教えを請う』の続編。
透冴目線のおはなし。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:21

この作品をシェア

pagetop