白状してはダメですか。僕は……さよならなんて、したくなかった

作品番号 1670968
最終更新 2022/06/21

白状してはダメですか。僕は……さよならなんて、したくなかった
恋愛・青春

36ページ

総文字数/ 15,337

三十五歳の「僕」は、妻に七回目のプチ家出をされた同僚兼友人の泣き事を聞かされている。場所はいきつけの『居酒屋あっちゃん』。感情豊かで喜怒哀楽のたびにこちらを巻き込んでくる彼と、それに付き合う「僕」。彼には、気が強い美人な妻がいて――僕らは夫婦同士仲がよくて、いい意味でよく違っている夫婦同士だ。
あらすじ
三十五歳の「僕」は、妻に七回目のプチ家出をされた同僚兼友人の泣き事を聞かされている。場所はいきつけの『居酒屋あっちゃん』。感情豊かで喜怒哀楽のたびにこちらを巻き込んでくる彼と、それに付き合う「僕」。彼には、気が強い美人な妻がいて――僕らは夫婦同士仲がよくて、いい意味でよく違っている夫婦同士だ。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop