斬「人魚」編

作品番号 1657487
最終更新 2022/01/10

斬「人魚」編
飛鳥/著
ファンタジー

2ページ

総文字数/ 17,556

 理想郷の泉に住まう人魚が語ったのは、凶悪な河童に溺死“させられそうになる”という不可解な事件。異常現象狩りの少年・羽村は愛らしいおしゃべりな人魚の少女「ナギ」と共に、事件の真相を探る。
 美しき深緑。永遠の静謐。虹の滝にたおやかな自然の山の奥で、ガラスの海のように透き通った瞳でナギがつぶやいた。
           ・・・・・・・・
「でも不思議なんです。会ったことがないんですよ」

 現実を上塗りする5つの『五大異常現象』と、呪いを狩る狩人たちの物語。
あらすじ
――斬、と終末の音が鳴る。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop