悪魔の中

作品番号 1654991
最終更新 2021/12/09

悪魔の中
恋雪/著
ミステリー

0ページ

総文字数/ 0

ある日、目が覚めたここは?


実際、悪夢を見ているかのような幻覚に襲われ目が眩んだそのまま立ち上がると倒れそうだ、
何故ここに?疑問しかないここはどこなんだ?俺はいつどこで何をしてこうなっているんだ?
疑問が滝のように湧き上がる助けてくれ、呼んだって来やしないのは分かっていた。
ここは暗闇なんだから、何もないどこからも出れない確証に変わるまでは、
叫んでも喉が枯れるだけ無駄になる朝のアラームも聞こえない耳を塞ぐと静まり返った音だけになる
怖いそれしか頭をよぎらない助けてくれこの5文字が僕を安心させる。
ヴォーンヴォーン突然奇妙な音がエコーのように暗闇に響き渡る。
俺を怖がらせたいのか誰だ、出てこい、暗闇から静かに足音が聞こえる聞こえてくる、

トントン
足音が近づいてくる
誰だ

トントン
足音が遠のく、
姿を表せ


だいぶ待っただろうかその足音は近寄ったり遠のいたりを10分〜15分程続いた


その後もやりとりを続けていくうち足音は徐々に消えていった
なんなんだこのなかはどうなっている。何が起きてる上で‥
そう俺はもう気づいていた。ここは誰かの腹の中だと‥
気づいたのは俺の周りが妙にヌメヌメしていて粘液みたいなものが纏わりついていた。
吐き気がしそうな匂いもたまらなくきつかった
俺は我慢しているうちにあることに気付く
息が聞こえた暗くて何も見えないが俺の耳から確かに呼吸が聞こえてくる。
「何かが混ざり合って聞こえてくるなんだろう?」よく聞くととんでもないことに
あらすじ
主人公音風カイトは平凡な高校生だったなんともない普通の日常を送っていた
だが、しかしカイトはあることを思ってしまう
そのせいでカイトの日常は非日常に変わっていってしまう

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop