きみの片想い

作品番号 1652874
最終更新 2021/11/29

きみの片想い
恋愛・青春

4ページ

総文字数/ 13,285



きみが彼女に向ける、その一途な想いが……たまらなく愛しかった。
あらすじ
中二で同じクラスになった小柄な男子バスケ部の子。彼には幼い頃から一途に恋する相手がいた。恋する彼の姿はいじらしくて可愛くて。いつしか目で追うのがクセになり、まわりの誤解をまねいて、ちょっとした事件を引き起こしてしまう。
「異性として意識なんかしてない」
ずっと伝えたかった言葉を口にした時、私は恋というものを初めて知った……。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop