離れていた時間

作品番号 1652440
最終更新 2021/11/18

離れていた時間
恋愛・青春

9ページ

総文字数/ 3,916


高校を卒業して女子大生になった私
新しい土地で一人暮らしを始め、キャンパスライフを楽しむ予定だ

私が部屋を開け家を出ることが決まると
今まで住んでいた実家を解体して、新築の家へ建て替える話が浮上する

両親と一緒に家の中を片づけ整理してると、
開封禁止と書かれたダンボール箱が出てきた

その中には、たくさんの古いアルバムが……


隠れて写真を目にした私は


両親の前で、大粒の涙を流してしまう……

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop