島恋 ――おかえりとただいまの間――

作品番号 1651892
最終更新 2021/11/18

島恋 ――おかえりとただいまの間――
恋愛・青春

27ページ

総文字数/ 22,886

連絡船で島に通っていた僕と島で生まれ育った君との物語。
あらすじ
爽太は島に帰ってきた。
幼なじみの美緒が出迎えてくれる。
二人は思い出の神社の石段を登っていく。
島は変わらない。
しかし、二人の時間だけは戻らない。
寄せては返す波のように現在と過去が交錯する。
あの日と同じ夕暮れ空の下で美緒の幸せを願い、爽太は別れを告げる。



この作品のキーワード

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop