太陽に憧れた少女 ~私の大切な思い出~

作品番号 1643402
最終更新 2021/07/20

太陽に憧れた少女 ~私の大切な思い出~
Yoa/著
恋愛・青春

24ページ

総文字数/ 3,531

日光に当たってはいけない少女 夜奈 葉月。

「私の思い出作りを手伝って欲しいの。」

1度きりの夏。余命ギリギリ。夜だけ。

「もっと生きていたかったな。」

私は死ぬ。

「行くなよ。俺が守るって言ったじゃん。」

最高の思い出を。

「みんなは幸せになってよね。」

私は、太陽に好かれたかった。

※初めて小説を載せます!
 誤字脱字などが多いと思いますがよろしくお願いします。

あらすじ
 高校生になって1ヶ月。仲のいい友達と普通に過ごしている少女 夜奈 葉月。
 クラスの仲を深めるためのキャンプのメンバーと仲良くなる。
 もっと一緒にいたいな…。
 しかし、葉月は日光に当たってはいけない病気で、もうすぐ夜だけの生活に。
 仲良くなった人達に思い出作りを手伝ってもらう。
 1度きりの夏。病気で、青春を諦めたくない!
 これは、儚く切ない青春物語。

この作品のキーワード

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop