もう一度、君を待っていた

作品番号 1642502
最終更新 2021/08/16

もう一度、君を待っていた
恋愛・青春

24ページ

総文字数/ 99,130

ランクイン履歴:総合14位 (2021/09/07)



生きることに疲れて、生きることから逃げようとした私の前に現れたのは

誰からも好かれる明るい転校生だった。


「友達になろう」


皆が私を避けるのに、彼だけは違った









※完全新作です
公開20210720
あらすじ
学校にも家庭にも居場所のない高校2年生天野みずき16歳には不思議な力があった。

それは他人の死期が数字で見えるというものだった。
生きることに疲れた彼女の前にあらわれたのは転校生の波多野朝陽

彼のお陰でみずきは少しづつ変わっていく
しかし、彼の頭上には”16”の数字が浮かんでいた。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:28

この作品をシェア

pagetop