スフィンクスの耳

作品番号 1642396
最終更新 2021/07/06

スフィンクスの耳
ファンタジー

1ページ

総文字数/ 1,122

朝起きたら猫耳が生えていた。

でも望んだ猫耳はこの種類じゃない・・・。
あらすじ
朝起きたら猫耳が生えていた。

でも望んだ猫耳はこの種類じゃない・・・。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop