後宮妃は龍神の生贄花嫁 五神山物語

後宮ファンタジー

唐澤和希/著
後宮妃は龍神の生贄花嫁 五神山物語
書籍化作品
作品番号
1642311
最終更新
2021/07/05
原題
五神仙山幻想恋譚~孤独の龍は贄の花嫁を愛す~
総文字数
15,307
ページ数
2ページ
ステータス
未完結
いいね数
139
ランクイン履歴

総合2位(2021/07/07)

ランクイン履歴

総合2位(2021/07/07)

【2021年7月28日 スターツ出版文庫様より発売予定の作品の試し読み版です】

有能な姉と比較され、両親に虐げられて育った橙煉花。

姉とともに後宮入りするも、不運にも煉花は姉の策略で恐ろしい龍神・青嵐の生贄花嫁に選ばれてしまう。

しかし青嵐もまた、煉花と同じ孤独を抱えていた。

「青嵐様、お慕いしております」
「私もだ。そなたのすべてが愛おしい」

虐げられていた少女のシンデレラストーリーです。
楽しんでもらえたら嬉しいです!
あらすじ
有能な姉と比較され、両親に虐げられて育った煉花。

後宮入りするも、不運にも煉花は姉の策略で恐ろしい龍神の生贄花嫁に選ばれてしまう。

絶望の淵で山奥に向かうと、そこで出迎えてくれたのは見目麗しい男・青嵐だった。

期限付きで始まった共同生活だが、徐々に距離は縮まり、ふたりは結ばれる。
しかし、突然ふたりは無情な運命に引き裂かれ…!?

この作品の感想ノート

コミカライズから小説の電子書籍を購入しました。
3章の皇帝と姉の会話にて『役不足』を誤用で使用していると思われます。

こぱるさん
2023/06/25 19:47

とっても今までで一番面白かったです

2022/12/11 23:59

この作品のひとこと感想

すべての感想数:149

この作品の書籍情報

唐澤和希さんの書籍化作品

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop