塞ぐ

作品番号 1641857
最終更新 2021/07/11

塞ぐ
恋愛・青春

5ページ

総文字数/ 10,909

 耳を塞ぎたい。口を塞ぎたい。目を塞ぎたい。そして、心の傷を塞ぎたい。

 みんな、異なる悩みを抱えていて、独りぼっちでもがき苦しんでいる。誰かと繋がることで、凍ってしまった心がほんの少しずつでも溶けていけばどんなに良いだろうか。
 多分、懸命に信じ続けることしか他に方法はないのかもしれない。
 これは、未だ脆く繊細な10代の彼女たちの灰色、青色、鮮紅色、そして朱殷(しゅあん)色が醜くこびりついた物語だ。
あらすじ
 高校二年生の瀬川華那は、過去のトラウマを思い出してしまうことに悩んでいた。
 ある日、華那の唯一の異性の友人である清水雪弥が華那の飼い猫に会うために家に遊びにきた。だが、帰り際に徐々に不穏な空気が流れ出す。やがて、雪弥が自分の悩みを打ち明けてきて──?


※この作品は他サイトにも投稿しています。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop