君でよかった、君がよかった。

作品番号 1640811
最終更新 2021/06/16

君でよかった、君がよかった。
花吹/著
恋愛・青春

6ページ

総文字数/ 3,605

 良家のお嬢様である二条院 詩織

 高校に入学したばかりの彼女は、その真面目で責任感のある性格を見込まれ創立記念祭の実行委員に推薦される。
 頼まれれば断れない詩織はそれを笑顔で引き受ける。しかし男子の実行委員がなかなか決まらず、生徒が騒ぎ出すとクラスで浮いた存在である幡保 梢が実行委員に立候補してきて……

 優等生だが自分の感情を素直に出せない卑屈なお嬢様と、不良なのに思いやりに溢れる不愛想な不良。
 そんな二人が高校の創立記念祭を舞台に繰り広げる、爽やか青春と甘酸っぱい恋物語。

表紙イラスト
素敵絵師 びたみん様(Twitter@1012Se)に描いて頂きました。
あらすじ
頼まれて断る事の出来なかった実行委員、だけどもう一人は学校の問題児。全く違うタイプの彼と本当に上手くやっていけるの?

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop