聖女は魔王に愛を語る

作品番号 1611682
最終更新 2020/08/30

聖女は魔王に愛を語る
ファンタジー

2ページ

総文字数/ 3,663

今年も異世界で出会った彼のために、手作りのチョコレートと手紙を贈ろう─。

石原るりはかつて、異世界に聖女とし召喚されたことがあった。
聖女としての修行に耐えながら、ひとりの男性と出会う。
夜の闇をまとったかのような美麗な男性に心惹かれていく。
しかしそれは決して愛してはいけない人だった。
禁じられた愛の先に、衝撃の事実を知る。

日本に戻ってきたるりは、バレンタインデーになると異世界の恋人のため、
手作りのチョコレートを作って手紙を贈る。
10年にも及ぶ毎年の贈り物は、異界の恋人に届くはずもない。
それでもるりは願い続ける。やがて10年の愛は、ひとつの奇跡を呼ぶ。

切ない恋愛ファンタジー。
あらすじ
琉莉はかつて、異世界に聖女とし召喚されたことがあった。
日本に戻ってきた琉莉は異世界で出会った恋人のため、
バレンタインデーになると、手作りのチョコを作り続けている。
10年にも及ぶ毎年の贈り物は、恋人に届くはずもなかった。
それでもるりは贈り、願い続ける。
チョコレートと手紙を毎年用意する、琉莉の思い、そして意味とは。
琉莉の願いは、やがて奇跡を呼ぶ。
切ない恋愛ファンタジー。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop