俺の大切なひと。

作品番号 1609260
最終更新 2020/07/12

俺の大切なひと。
ファンタジー

10ページ

総文字数/ 3,061




   俺は意気地なしだ。


   だって、“鬼”としての役割も果たせない……それに。


  ……君に何も言えないんだから。






   優しすぎる鬼と無能な女の子の恋のお話。





あらすじ
鬼神の息子である柊は、優しすぎる鬼。悪さをしないせいで一族に蔑ろにされていた。だが、退魔士一族でありながらも能力のない女の子・桜堂碧(さくらどう みどり)に会うことが救いでもあった。だが、碧が会わないと言い来なくなる。そんな中柊はある行動に出る。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop