青が逝く

作品番号 1609160
最終更新 2020/07/12

青が逝く
ヒューマンドラマ

20ページ

総文字数/ 3,730

成人式の2日後が阪神大震災、

20歳の誕生日の5日前がサリン事件…

という蝶眠文学の原点が、ここにある。

あらすじ
1995年1月17日。
阪神大震災に遭遇した一真は、直前に喧嘩してそのままになっていた、恋人の麻美子の安否を確かめるべく神戸を目指したのだが…

著者の実体験とさまざまな証言をもとに、ほろ苦い青春の一瞬を描く。
全編セリフなし、という実験的な意欲作。

2017年ベリーズカフェ発表作。


この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop