女房狩騒動記

作品番号 1605731
最終更新 2020/06/09

女房狩騒動記
歴史・時代

18ページ

総文字数/ 7,729

ランクイン履歴:総合82位 (2020/06/12)

 天下統一を果たした関白・豊臣秀吉は、近衛家に美しい姫がいるという噂を聞いて、姫を手に入れようと様々な手段に出る。
 しかし、うまくゆかないと悟った秀吉は、姫に狐が憑いているとの噂を流し、みずから狐落としの祈祷をするという芝居を打つのだが…。

 天下人のエゴに振り回される人びとと、たくましく生きようとする群像を中心に描く歴史コメディ小説。

 2017年ベリーズカフェ発表作。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のかんたん感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

pagetop