2回の“愛してる”で君の鼓膜を破る

作品番号 1604638
最終更新 2020/05/30

2回の“愛してる”で君の鼓膜を破る
青春・恋愛

5ページ

総文字数/ 2,050




「〝ごめんね〟」



僅かに残っていたその理性が

拙く吐き出された4文字と共に身体の内側から去っていく

崩れてしまうような そんな音が聞こえた気がして





次の愛してるで、僕は必ず君の鼓膜を破ってみせる



この作品のキーワード

この作品のレビュー

★★★★★
投稿者:友川創希さん
僕の彼女への思いが伝わってきます。
続きを見る

読んでいると僕の彼女への思いが鮮明に伝わってきます。言葉の重みという大切なことを教えてくれるそんな素晴らしい小説でした。

2022/08/29 09:19

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

この作品には、まだ投票されていません。

この作品をシェア

pagetop